2012年1月9日

闇の隆盛のメカニズム

イニストラード(Innistrad)の第2エキスパンションとなる「闇の隆盛(Dark Ascension)」のメカニズムが公開されました。

不死

不死は闇の隆盛から登場するキーワードで、墓地に送られたクリーチャーは力を増して蘇ってきます。

+1/+1のカウンターを持たない不死のクリーチャーが死亡したとき、あなたはそれの上に+1/+1のカウンターを置いた状態でそれを墓地から戻せます。1個以上の+1/+1カウンターを持つ不死のクリーチャーが死亡したときは、通常通り墓地に残されたままになります。

その+1/+1カウンターがどこから来たものかは関係なく、またクリーチャーがすでにカウンターを置かれた状態で蘇ったかどうかも関係ありません。重要なのはそのクリーチャーが死亡したときにどこにカウンターがあるかです。あなたの不死クリーチャーが(例えば《旅の準備》のおかげで)+1/+1のカウンターを置かれ、そして死亡したとしましょう。そうした場合、仮にそれが初めての死亡であっても、蘇ることはありません。逆にいえば、もしその不死クリーチャーが蘇ってからその+1/+1カウンターを取り除くことができれば、次に死亡したときもまた蘇っきます。

窮地

窮地能力はあなたのライフが5点以下のときに作用します。あなたのライフの総量が5点以下になったと同時に、この能力が発動するのです。ですから戦闘の最中に《 焼身の魂喰い 》に何点かのライフを支払えば、突如として《スレイベンの破滅預言者》によって自軍全体を強化できるようになるわけです。あなたのライフの総量が6点以上になった途端、窮地能力は途絶えてしまいます。

両面カード

イニストラード同様、闇の隆盛 でも両面カードが登場します。これは通常のマジックの裏面ではなく、両方が表面になっているカードです。しかも闇の隆盛では、両面カードがすべてクリーチャーとは限りません。

陰鬱

フラッシュバック

呪い

Dark Ascension mechanics

あわせてお読みください

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

HTML convert time: 0.306 sec.
Copyright(C) 2007- "Mtg.Saloon.jp"